名門小学校への合格
2017.05.24

親子名門小学校に子供を合格させるためには、勉強と遊び、普段のしつけの全てが大切になってきます。
幼児期は、一番いろいろなものを吸収する時期なので、習い事の1つとして幼児教室へ通わせることもあれば、目標を「名門小学校への合格」と決めて、幼児教室に通わせることもあります。名門小学校への合格を目指すのであれば、どこの幼児教室に入れてもいいというわけには行きません。まずは、小学校受験を専門としている幼児教室を探しましょう。その中でも、名門小学校への合格実績をチェックすることも大切です。合格実績があるということは、面接を含め、各小学校に対する受験対策やノウハウを多く持っているということになります。ただ、名門小学校への合格実績がある戸言うだけでなく、子供を通わせたい小学校への合格実績があるかどうかも重要です。
そして、子供にとって大切なのは、自分にあった幼児教室かどうかということです。どんなに授業内容や教材が充実していても、子供が通い続けることができなければ意味がありません。幼児教室は、HPやパンフレット、口コミなどだけで決めずに、できればいくつかの幼児教室を見学したり、体験授業を受けたりして決めるようにしましょう。初めての場所や環境に入ると緊張してしまうタイプのお子さんであれば、お友達が通っている幼児教室を紹介してもらうのも良いでしょう。少し年齢が上がってからであれば、緊張感が勉強にいい影響を与えることもありますが、幼児の場合は、緊張から学習内容が頭に入らなくなってしまうことがあります。知っている顔が同じ教室にいると言うだけで、少し緊張がほぐれるものです。
幼児教室や家庭での勉強の他に、お友達と遊ぶ時間も子供に与えていますか?名門小学校の入試では、ペーパーテストの他に、集団テストという子供の行動を見るテストがあります。幼児教室で、他のお友達と上手に遊んでいるように見えても、普段一緒に遊んでいるお友達との間で、関係が上手く作れていないと、本番のテストで力が発揮できないことがあります。あまり怒ったり、注意しすぎたりしていると、先生が見ているから、お母さんが見ているからと、行動するようになってしまいます。友達同士で話し合い、協力するよう、時々声がけはしてあげても、あまり口は出さずに見守ってあげるようにしましょう。
最後に、基本的なしつけは幼児教室だけでなんとかなるものではありません。「ありがとうございます」「ごめんなさい」など、挨拶や必要な言葉をはじめ、小学校受験があるなしに関わらず、生きる上で必要なしつけは徹底して行うことが大切です。

▲ ページトップへ