信頼の幼児教室TOP5

第1位 伸芽会

  • 創造性を伸ばす独自の教育で名門小学校合格へ

  • 年齢別に分けた豊富な種類のコースがあります

  • ひとりひとりの発達に応じた個人別合格プログラム

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

伸芽会に対するみんなの口コミ

こちらの幼児教室に息子を通わせています。ここの先生たちは皆様、子供ひとりひとりのことをきちんと見ていて、子供の発想を支え...
先生方も事務のスタッフの方も皆様が子どもに対してあたたかい対応をしていただきました。こちらに子供を通わせるときに少し不安...
どの先生もとても親身になって対応して下さりました。子供の素質を理解して、ひとりひとりに合わせた指導をしてくださる先生方に...

名門小学校受験・幼稚園受験のパイオニア

1歳児クラスから、年長児クラスまで、名門小学校・幼稚園受験のパイオニア伸芽会ならではの指導で、ひとりひとりに合わせた教育で、目標に向けてきめ細やかにサポートしてもらえます。

第2位 アイ・シー・イー幼児教室

  • 「伸びる力」を目的とした受験の先を見つめた教育

  • 伸びる子に育てるカリキュラムの種類が豊富

  • 随時更新される合格実績で確かな信頼を得ています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

アイ・シー・イー幼児教室に対するみんなの口コミ

子どもの個性を活かすといった指導をしているからなのか、子供の自主性を大事にし、決して怒鳴ったりされることはありませんでし...
先生方の教え方がとても上手で、子どもたちが楽しみながら勉強することができました。子どもたちもいつも教室に行くのを楽しみに...
子どものためでもあるので、料金は高くてもいいと思っていたのですが、想像していたよりもリーズナブルでした。先生方の指導もと...

「型」にはめこむことににとらわれない教育

アイ・シー・イー幼児教室では、いわゆる「型」にはめこむ教育にとらわれず、一人ひとりの個性や能力にきめ細かく気配りをすることに特化した指導をし、どんな環境でも才能を発揮する自信を育てています。

第3位 コペル

  • 好奇心旺盛な時期に「学ぶことの楽しさ」を教える

  • 業界ナンバーワンの使用教材の数が選ばれる理由

  • サイトの口コミ掲載では確かな信頼を得ています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

コペルに対するみんなの口コミ

0歳のころからこちらに通い始めました。担当してくれている先生は、何もできないときから見てくれ、第二の母のように子どもがな...
こちらに通っている友達を見て、息子から通いたいと言い、通い始めました。豊富な教材に刺激されたのか、毎週のレッスンをいつも...
じっと座ってレッスンを受けることがなかなかできない時期もありましたが、先生方がしっかりと少しずつ指導をしてくださって、最...

どんな時代でも生きていけるたくましい子供

幼児教室コペルは、心の知能指数の重要性が認められはじめたこの時代に、知識と道徳の双方をバランスよく育てて、全能的な人間を育てる、という事に特化して指導が行われています。

第4位 チャイルド・アイズ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

「喜び」が次の成長のための大きな力

チャイルド・アイズは「考える力」に重点を置いており、知能育成レッスンを通じて「学ぶことが楽しい」「考えることが好き」が身につきはじめると、思考力・読解力・表現力が伸び、結果が自然に伴ってくるのです。

第5位 はやて幼児教室

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

自信のある講師たちが行う自信のつく指導

はやて幼児教室の実績ある講師たちは、子どもたちが自信をつけることを重要としています。不安な部分があれば、その原因をしっかりと突き止め、子どもの自信がしっかりとつく指導をメインに行われています。

幼児教室ってなに?

タブレット「義務教育に上がる前の幼児期にどう過ごすかで、その後の人生が決まる」なんてことを耳にしたことがあるお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか。幼児教室とは、小学校入学前の幼児に対して学びの場を提供する、学習教室のことです。算数や国語などの勉強をはじめ、マナーや受験対策に力を入れている幼児教室もあれば、遊びながら学ぶ英語教室や、体を動かしながら音感やリズム感を鍛えるリトミック、体の使い方から学ぶ運動教室など、子供の興味に合わせて学べるような教室も、たくさん開かれています。
以前は、幼稚園に上がってから幼児教室に通わせることが多かったのですが、現在は、幼稚園に上がる前の1〜2歳の頃から、幼児教室に通わせる家庭も増えています。親が子供と一緒に通うところが多いのですが、親の用事で子供を預けなければならない時にも、ただ預けるだけでなく幼児教育も受けさせたい、というニーズを受け、託児所と幼児教室の一体型なども人気があります。
日本だけでなく海外の多くの国でも、幼児教室に通わせることは一般的になっています。日本とは教育方法の違うアメリカやイタリア、ノルウェーなどの幼児教育も話題になっていますが、日本でもそれらを受けることができる幼児教室が開かれています。

幼児教室に行くことのメリット

笑顔の子供3歳までに脳の神経細胞がほとんど形成されることから、幼児期の学習は、なるべく早く始める方が脳の発達にいい影響があると言われています。その時期に幼児教室に行くことで、脳に刺激を与えることができます。また、まだ子供自身の興味や得意分野などが分からない時期から始めることで、どんなことに子供が興味を持つのか、得意なのかを知ることができ、次にどんな習い事に通わせてあげれば良いかを判断する材料にもなります。
幼児教育自体の他にも、幼児教室へ行くことのメリットがいくつかあります。普段から一緒にいる親と子でも、家事をしながらなどの生活の中では、しっかりと向き合う時間が取れていないことがあります。親子一緒になって学ぶことで、自然に親子が向き合う時間が増え、愛情や絆がより深まります。また、同年代の子供たちと触れ合うことで協調性が養われたり、集団生活を行う練習にもなったりします。
そして、幼児教室に通うメリットは、ママやパパにもあります。親御さんの中には、子育て中の悩みを1人で抱えてしまう状況から抜け出せない人もいますが、同じ悩みを持つママ友や、先輩ママに出会い、相談をしたり、ただおしゃべりをしたりするだけでも、気分転換や気づきを得ることができ、また子育てに向き合う力を与えてくれます。

英才教育について

内緒英才教育とは、子供の持つ優れた能力や才能を伸ばすための教育です。幼児教育から始める場合には、まだ他の子以上に優れている能力や才能が何か、分からない状態から始められていることがあります。
優れた能力や才能が分からない時期から始める教育は、早期教育であり、その早期教育を受けることで、子供の秀でた能力や才能を見つけ出し、英才教育へと導いてあげると良いでしょう。
一方で能力や才能を発揮できないジャンルのものを、英才教育として与えていることで生まれるデメリットもあります。成功体験よりも、失敗を繰り返し続けることで、劣等感が植えつけられてしまいます。英才教育だと思って始めたものが、子供に本当に合っているのか、ストレスを抱えていないかなど、親がしっかりと見極めてあげることが大切です。
自分の子供は、いったいどんな能力や才能を持っているんだろう?英才教育を受けさせるなら、何がいいんだろう?と迷う親御さんもいらっしゃることでしょう。実は2歳くらいから、保護者と一緒に受けることができるIQテストがあるんです。いわゆる勉強の方を伸ばしてあげたらいいのかどうかを判断する、1つの材料にはなるでしょう。運動や音楽などは、ジャンルを絞って教室に言えるのではなく、トライアルレッスンを幾つか受けている間に、子供の才能に気づくこともありますよ。

子供の学習能力について

取扱注意子供の学習能力は遺伝以上に、育っていく環境が関係してきます。小さい頃から、勉強をする習慣をつけることは大切ですが、子供の集中力が持続を考えて、学習させましょう。ただただ長い時間勉強をすれば、学習能力が上がるわけではありません。年齢によっても変わってきますが、幼児の集中力が持続するのは約15分です。15分勉強したら、休む、または切り上げるようにしましょう。集中力がないなかで勉強を続けると、失敗を繰り返し、勉強自体に苦手意識が生まれてしまいます。
また、勉強の成果を上げるためには、机から離れることも大切です。実は、運動をすることで、記憶力や学習能力を向上させることができます。運動といっても、習い事をしなければいけないわけではありません。サッカーや水泳はもちろん、公園で走ったり、ボールを蹴ったりして、たっぷりと体を動かしてあげるのも良いでしょう。
実は学習能力を伸ばすために、親がしてあげられることがあります。それは、本の読み聞かせです。本の読み聞かせをしてあげることで、本への興味だけでなく、好奇心を刺激し、学ぶこと自体への興味もわいてきます。東大生の多くが、子供の頃に読み聞かせをしてもらった経験があるそうです。今日からでもすぐに始められる、本の読み聞かせをあなたも始めてみませんか。

▲ ページトップへ